市長選挙

青梅市長選挙2019の開票結果速報|情勢予想や出口調査・立候補者の公約まとめ

任期満了に伴い、2019年11月17日に東京都青梅市長選挙が投開票となります。

本記事では青梅市長選挙2019の開票速報と開票結果(当選者・落選者)、立候補者の経歴プロフィールや選挙情勢、公約などについてご紹介します。

2019年青梅市市長選挙の立候補者はいずれも無所属で再選を目指す現職市長の浜中啓一氏(67)と、新人で会社員の宮崎太朗氏(39)の2人となります。

それでは現職VS新人一騎打ちの2019年青梅市長選挙についてご確認ください。

青梅市長選挙2019年の開票結果速報と当確出口調査

2019年青梅市長選挙の結果は自治体の選挙管理委員会事務局の開票速報やNHKの当選確実出口調査など、新しい情報が入り次第随時記事を更新していきます。

結果得票数氏名年齢性別党派新旧主な肩書き
21503浜中 啓一67無所属青梅市長
18949宮崎 太朗39無所属会社員
  • 告示日:2019年11月10日
  • 投票日:2019年11月17日
  • 定数 / 候補者数:1 / 2
  • 執行理由:任期満了
  • 有権者数:112,575人
  • 投票率:36.51%
  • 開票日時:即日開票で午後9時から
  • 開票場所:市総合体育館

青梅市長選挙2019年の立候補者の公約やプロフィール

続いて、青梅市長選挙2019に立候補した候補者の経歴プロフィールや主な公約、政策主張について見ていきます。

浜中 啓一(はまなか けいいち)の経歴やプロフィール

  • 名前:浜中 啓一(はまなか けいいち )
  • 現年齢:67
  • 性別:男性
  • 党派:無所属(自民党、公明党推薦)
  • 肩書き:青梅市長
  • 学歴:昭和第一学園高等学校卒業、国土建設学院にて学ぶ
  • 職歴:都議会議員秘書、青梅市議会議員(5期)、青梅市長(1期)

昭和第一学園高等学校卒業後、国土建設学院にて学ぶ。元都議会議員 水村一郎氏の秘書を務めたのち、1995年に青梅市議会議員に初当選し2015年まで5期、2011年から2015年まで青梅市議会議長も務める。

2015年青梅市市長選挙に無所属(自民党、公明党推薦)で初当選した。

主な公約・政策主張

浜中氏は、青梅IC周辺の物流拠点整備や梅の里再生の取り組みなど市長1期目の成果を強調しつつ、「活力ある青梅を目指して」をスローガンに以下の公約を掲げています。

誰もが安心して、生き生きと暮らせるまちを築く

  • 高齢者施策の充実
  • 子育て支援の充実による少子社会への対応
  • 教育・文化施策の充実
  • 障がい者施策の充実
  • 医療体制の充実
  • 生活基盤の整備
  • 地域コミュニティの醸成と自治会との連携
  • 防災・減災対策の充実

青梅らしさを創出し、活気あるまちを築く

  • 圏央道青梅IC周辺の整備促進
  • 梅の里早期再生・復興
  • ケミコン跡地の利活用促進
  • 東京オリンピック・パラリンピックを契機としたまちづくり
  • 中心市街地の活性化
  • 観光の振興
  • 農業・林業の推進
  • 商業・工業の振興
  • 地域公共交通の整備・充実

持続的な行財政運営システムを築く

  • 市財政に積極的に寄与できる収益事業の充実
  • 行財政改革の断行

宮崎 太朗(みやざき たろう)の経歴やプロフィール

  • 名前:宮崎 太朗(みやざき たろう)
  • 現年齢:39
  • 性別:男性
  • 党派:無所属
  • 肩書き:会社員
  • 学歴:日本大学明誠高等学校、日本大学法学部政治経済学科卒業
  • 職歴:ことがわら学園勤務、国会議員秘書

日本大学法学部卒業後、ことがわら学園勤務を経て、2007年より国会議員秘書。2010年より谷亮子参議院議員の公設第1秘書、政策担当秘書を務める。2015年の青梅市長選に出馬するも次点にて落選し、今回が青梅市長選への2度目の挑戦となる。

主な公約・政策主張

宮﨑氏は「市民主体の、安心して暮らせるまちづくり」をスローガンに、現市長がすすめる東青梅1丁目に新市民会館ホールなどの施設を集約化する基本計画を「全面的に見直す」と主張するなど、以下の公約を掲げています。

1.新市民ホールの計画見直し

新市民ホール建設の「基本計画」を見直し、計画段階から市民の皆様と一緒に施設を作ります。文化、芸術のかおる青梅を目指します。高齢者が集えるお風呂の導入も検討します。

2.交通弱者対策

移動や買物を便利にするために、コミュニティバスや予約型の福祉タクシーを導入します。

3.市長の退職金をゼロに

行財政改革を推し進めるため、1期4年の任期が終わるごとに市長に支給される1,300万円超の退職金を条例を改正してゼロにします。

4.子どもが主役

未来を担う子どもが主役のまちづくりを行うため、待機児童ゼロの実現、学校施設の改修を進めます。

5.市民の声を市政に

市長直轄の協議会を設置します。公募を活用し、女性や若者や高齢者等、幅広い意見を市政に反映させます。

6.防災・減災対策

地域防災計画、ハザードマップを改めて総点検し、想定外の無い、災害に強いまちづくりを行います。

7.予防医療

予防医療の推進、充実を図り健康寿命を引き上げ、医療費、介護費の増加を抑制します。

8.障がい者の就労・自立支援

地元で働ける就労支援体制の構築と多様な自立支援のあり方を創出します。

9.青梅観光宣言

豊富な観光資源で観光客を誘致し、回遊・滞在性を高める環境整備を推進します。

10.スポーツ振興

総合運動公園、サッカーグラウンドなど各種競技団体の施設を整備・新設します。

11.東京都と連携した仕事づくり

東京都と密接に連携し、次世代通信システム5Gを敷設。テレワーク環境の整備を行い、市経済の発展へと繋げます。

12.青梅ブランド

地域農畜産物、食材、木材を青梅ブランド化し、国内外に積極的にPRします。

青梅市長選挙2019年の情勢や争点・当選予想など

2019年青梅市長選挙は、前回初当選した浜中現市長と前回次点の宮崎氏による2度目の対決です。

 

前回2015年市長選挙では、引退した竹内元市長の後継者とされ国政与党の自民党・公明党から推薦を受けた浜中氏が、8000票近くの差をつけ宮崎氏を破りました。

参考:2015年の青梅市長選挙の開票結果や投票率

結果氏名党派新旧別得票数
当選浜中 啓一無所属(自民・公明推薦)新人22,760
宮崎 太朗無所属新人14,917
斉藤 光次無所属新人7,436

 

ただ、前回選挙では、市民団体が斉藤光次氏を擁立したため国政野党側での票の分散がありましたが、今回は市民団体が独自候補擁立を見送り宮崎氏と政策協定を結んだため国政与野党一騎打ちに近い構図となり、状況は混沌としています。

 

たとえば、2015年市長選挙の斉藤氏への投票がまるごと宮崎氏に流れると仮定すれば、浜中氏 vs. 宮崎氏は22,760票 vs. 22,353票とほぼ互角であり、どちらにも転び得ると見ることもできるでしょう。

一方で、地方選挙における現職優位という一般的な傾向もあり、政策毎に議論はあるものの極端に大きな批判を浴びていない浜中現市長は前回よりも強く、宮崎氏・国政野党側が前回のように票を集められないという見方も成り立つかもしれません。

 

いずれにしましても、事実上の与野党一騎打ちとなり大接戦となる可能性のある今回の青梅市長選挙、要注目です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: 右クリックは使用できません。